江戸時代から伝わる日本の伝統文化「つまみ細工」

つまみ細工とは?

  • HOME »
  • つまみ細工とは?

■つまみ細工とは?

「つまみ細工」は、江戸時代から伝わる日本の伝統文化の一つです。
その発祥については定かではありませんが、江戸時代の宮中の女官の間で、文箱やこと爪箱、お守り袋に飾りをつけるけことから生まれたという説もあります。
後期になると櫛や簪に応用して、島田髷にさすことが流行し、女性の髪が洋髪になるまで「花かんざし」「花ぐし」とも呼ばれ髪飾りの主流となりました。
作り方は薄い小さな絹布を正方形に切り、これを三角形に折りたたんで土台にはりつけ、花や蝶、鶴などに形づくっていきます。
今でも七五三や成人式 結婚式のお祝い事や浴衣などの和装の際に、髪飾りとしてつまみ細工の簪は多く愛用され、舞妓さんの髪飾りにも使われています。

■基本のつまみ方

基本は、丸みをおびた「丸つまみ」と剣先の様にとがった「剣つまみ」の2種類の技法から成り立っています。

丸つまみ
丸つまみ

剣つまみ
剣つまみ 写真

■つまみ方 動画

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Japan tsumami-zaiku Promotion Association.  All Rights Reserved.